我が家の洗濯洗剤は3種類。選び方は香りが主張しすぎないもの

私は今現在31歳、二児の子供をもつ専業主婦で、義理父含めた五人家族です。毎日のお洗濯は私が行いますが、やはり洗濯洗剤の香りと洗浄力、そして洗い上がりの香りと、様々な事を考慮した結果、我が家では次の洗剤を使用しています。

洗剤は、洗濯物の汚れや仕上がりによって使い分け

洗剤は、LIONの『香りつづくトップfresh camomileの香り』か、花王株式会社『アタックneo抗菌EXパワー・清涼感のあるシトラスグリーンの香り』の2種類。柔軟剤は、花王『ハミングneoやさしいホワイトフローラルの香り』です。この3つを洗濯物の汚れや仕上がり具合によって、使い分けています。

具体的には、子供の泥汚れや食べこぼしの汚れは、アタックneo×ハミングneoをまぜて使用しまう。キツイ汚れも一気に落ちますし、ハミングneoの柔軟剤を入れる事により、柔らかい仕上がりになります。

又、雨の日の部屋干しの時にも、アタックneoは生乾きの嫌な臭いがしませんので、そんな時には大活躍です。アタックneo自体はそんなにキツイ香りではないので、ハミングと合わせてもハミングの優しい香りが勝つので、とても気に入っています。

海外製の洗剤は男性に不人気。香りつづくトップの香りが一番

あとは、前々から香りが大好きな洗剤が『香りつづくトップ』です。このフレッシュカモミールの香りは、私自身本当に気に入っていまして、男女問わず、汗をかいても変な臭いに変わらない特徴があります。

我が家では、アリエールも試した頃がありましたが、男性の汗の臭いとは相性があまり良くなく、それが理由ですぐに使用をやめました。海外製の洗剤も香りがキツすぎて、我が家の男性陣からは不人気でしたから、なるべく自然な柔らかい香りを探し、いきついたのがこの3つでした。

家から近くのSEKI薬局に行くといつでも購入出来ますし、コストパフォーマンスも悪くはないので、いつもまとめ買いをしています。

洗濯洗剤は洋服に香りがあまり残らないものを選ぶ

全て液体洗剤ですので、粉洗剤のように粉残りがあるという事はありません。香りつづくトップは柔軟剤入り洗剤なので、これ一本で洗濯が出来ます。洗浄力を重視したいご家庭であれば、やはりアタックをおすすめしますが、お子さんがいなくて、そんなに洋服も汚れがないようでしたら、香りつづくトップだけで問題はありません。

そのほか、私の洗濯をする時のこだわりは、洋服を裏返しにして、パンツやブラジャーは小さいネットに入れて洗います。汚れ具合によっては洗濯物を分けて洗いますし、シーツやお布団カバーなどを洗う時は自分の一番好きな洗剤で洗います。

男性も女性も、香水や整髪料をつけたりする時もありますから、なるべく洋服の香りが主張し過ぎないように心がけていたところ、私の家庭ではこの洗剤達にたどり着きました。